2012年11月27日火曜日

充実感のおゆうぎ会

 先週末行われました。おゆうぎ会では多くの保護者の皆様のご協力の元、無事に終える事が出来、感謝の気持ちで一杯です。子ども達の輝く瞳と思い思いに音楽に合わせ表現する姿に、目頭が熱くなった保護者の方も多かったのではないでしょうか?
 入園した頃のお子さん一人ひとりの様子を思い浮かべると、大きなステージの上で元気に歌う姿や緊張しながらも踊る姿に私自身も胸がいっぱいになりました。

 全園児で歌う歌は毎年、感動でいっぱいになります。そして幸せな気持ちにさせてくれますね。毎年職員でどんな歌がいいか?一人ひとり案を出してみんなで考えた歌を子ども達が歌います。
 今年は、未来への希望、夢を持ち続ける気持ちを歌った歌「世界がひとつになるまでに」になりました。全園児が歌う迫力と感動は、白梅幼稚園のおゆうぎ会の最後になくてはならないものになりました。
 一人ひとりが歌っている姿を見ているとどのお友達も白梅幼稚園の大切な子ども達・・・一人ひとりの成長を感じ、充実感いっぱいのおゆうぎ会になりました。



 子ども達は今日の雪にも負けず、元気に登園して来ました。おゆうぎ会を終えて、また一つ大きく成長してくれた事を感じます。残り僅かな二学期、子ども達と共に笑顔溢れる園生活を送れるよう
職員一同子ども達のため、力を発揮していきたいと思います。