2013年1月29日火曜日

嬉しい表彰会

寒い冬が続いていますがあともう数日で立春を迎えようとしています。今週に入って幼稚園はインフルエンザの猛威に見舞われ、今日かららいおん組が学級閉鎖となりました。ひとクラス欠席の幼稚園はちょっぴり寂しい感じです。はやくこの時期を乗り越え、また元気いっぱいの白梅幼稚園になってほしいです。
さて、昨日河北新報朝刊に白梅幼稚園の記事が掲載されました。皆さん見て頂きましたか?
1月24日に株式会社NTTドコモ東北支社の方が来園され、学校賞表彰式を行いました。毎年応募しておりましたが「ドコモ・未来ミュージアム」で県内一校しか選ばれない、学校賞を受賞しました。47都道府県、宮城県の代表として自分たちの出品した絵が表彰された事に子ども達も感激いっぱいでした。
子ども達の想像画は思い思いの形があり、二つと同じ絵がないものです。一人ひとりの想像力を絵として表現することを大切にしてきた活動の一つです。とてもすばらしい結果を残すことが出来て、私も子ども達と一緒に喜んでいました。
この賞を励みにますます子ども達の表現力が伸びてくれるよう、保育に努めていきたいと思います。
表彰式で頂いた賞状とトロフィー、賞品の地球儀です。
            トロフィーにはドコモダケが彫ってあります。かわいい!!

2013年1月18日金曜日

冬本番ですね。

毎日寒い日が続いていますね。今日の朝の気温は-9℃!!聞いただけで寒さを感じてしまいますね。成人の日の大雪には本当にびっくりしました。古川の冬もいよいよ本番!といったところでしょうか。
今週は道路の状況が悪いせいか渋滞の場所も多く、バスを利用している保護者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。
大人はこの雪に困ってしまいますが、待ちに待っていた子ども達はこの雪で大喜びで遊び、毎日園庭には笑い声が耐えません。
雪だるまを作り雪の感触をあじわったり、雪合戦、そり遊び、雪を使ってままごと、氷堀り、子ども達は本当に遊びの天才ですね。
園庭の雪を利用して作った雪の山は子ども達に踏み固められ、穴を掘ってお風呂のようになっています。もうしばらくこの冬の醍醐味を楽めるよう、私も子ども達と一緒に雪が降るのを待っていたいと思います。




2013年1月8日火曜日

新年を迎えて

明けましておめでとうございます。
今年も白梅幼稚園共々よろしくお願い致します。
本日より幼稚園も3学期がスタートし、子ども達の元気な声が響き渡っています。
お餅をたくさん食べて!?子ども達は一回り大きくなったように感じます。

園長先生は冬休みを利用して、保育心理士フォローアップ講座を京都で受講して来ました。全国の幼稚園、保育園でお仕事している先生方が一堂に会して行われた勉強会では、新しい保育について学んだり、子ども達の心について学んだり、新年を迎える前に初心に返るいい機会となりました。
京都は冬と言ってもこちらの冬に比べたら暖かいものです。次回はもう少しゆっくり・・・時間があれば京都も観光したいなぁと思いつつ真冬の古川に戻って来ました。

今年も皆様にとって良い年となりますように・・・
そして、白梅幼稚園の子ども達が元気に育ってくれるよう私達職員一同、今年も精一杯保育に努めていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


幼稚園の門松です。毎年園の庭の手入れをお願いしている造園屋さんが子ども達に・・・
と毎年寄贈していただいています。今年もとってもりっぱな門松をありがとうございました。